マンデイFX

人気記事ランキング

ホーム > 妊活サプリ > 葉酸は胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために必要!

葉酸は胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために必要!

胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。ですから妊娠初期には葉酸はサプリを活用するのが良いとされています。

 

効率的な摂取のタイミングは、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてください。食事で得られる栄養素と相互作用することで、葉酸の働きを十分に生かすことが出来るでしょう。

 

では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。

 

胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、サプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。そのため、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる危険性があります。

 

受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、普段の食事にプラスして、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。

 

むかし流産しています。

 

その時は自分を責めて苦しかったのですが、だいたい一年位たってから、もう一度、チャレンジしてみようと妊娠を考えて行動するようになりました。

 

身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、冷え性がひどく、夏でもカーディガンを手放せなかった私は苦手だった運動を始めました。運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって低かった基礎体温が上がり、冷え性も良くなったので、本当によかったです。

 

http://www.orthodoxinfo.biz/