マンデイFX

人気記事ランキング

ホーム > 妊娠 > 妊娠中はプロゲステロンの働きで腸の動きが緩慢になる

妊娠中はプロゲステロンの働きで腸の動きが緩慢になる

何度ももどすときは、体内水分が不足してしまうことがあります。

 

 

 

水をよく飲んでちょうだい。

 

ごくごく飲むのが無理なら、ちょこちょこ飲んでちょうだい。グレープフルーツのようなサッパリした味の飲料水を試してみましょう。

 

妊娠が発覚したらこれまでより1,2時間は多く寝るようにしてちょうだい。

 

昼間に幾らか寝ておくのもお薦めです。

 

 

魚の脂質であるDHA/EPAについては妊娠の前や妊娠期に積極的に取り入れたい成分といえます。

何故かというと、妊活中にDHAの摂取が十分だった方は、そうしていなかった妊婦さんとくらべると、早産に至る確率が激減するというデータがあります。

さらにDHAはママの胎盤からお腹の赤ちゃんにも取り込まれますが、胎児の脳・神経の成長を助ける上で欠くことのできない成分のひとつです。

胎児の骨格の形創られること、筋肉であったり、神経のコーディネートを行うのが、ミネラルの中でも特にカルシウムです。

身ごもったことを知覚したら以前よりさらにたくさんのカルシウムを摂取しましょう。

 

妊娠すると昔の160%のカルシウムが必要となるみたいです。

 

ただし、つわりによる吐き気などで食欲もないのに頑張って食べる必要はないです。

 

葉酸は身体の健康を守るのに決して外してはならないものですが、中でも急速に成長する胎児にとって葉酸の不足で何らかの心身の未熟さが残ることがあります。

障害が生じないようにママたちは葉酸を十分に摂るように励まされますが、中でも葉酸が重要となる時期は、妊娠の初めごろの20週あたりまでの頃ですから、理想(もし、得られたと思っても、こんなはずじゃなかったと思ってしまったり、さらなる欲望が湧いてくることも多いようです)的なのは妊娠の前から葉酸を意識した生活をスタートすることです。

何か打ち込めるものがあると、つわりの苦しさも幾らかやわらぎます。

 

OLなら、会社のことに意識を向けるなら少し症状も和らぐかもしれません。たとえば、コンサートに行ったり、仲間内でペチャクチャ会話すると、その瞬間は割と楽に過ごせるかもしれません。

 

 

 

外に出るなら気分もよくなるかもしれません。

静かに過ごせるところで穏やかにしているとつらさも軽減されます。

 

 

 

つわりで食欲などわかないなら、お腹の赤ちゃんの栄養面はまだ心配ないので、喉にスルスル入っていきそうなものを無理せず入りそうな時に食べるなさってくださいね。

 

同居者もつわりのひどいマタママの近くでは、ニオイにクセのあるご飯は控えめにする気遣いが大事です。また永遠の謎なのですが、自らの手造り料理よりほかの人が作った料理がすんなり食べれます。つわりというのは、朝起きた際の空腹のせいで体調が悪化することがよくあります。

 

枕のそばにキャンディーなど軽く口に入れるものを置いといて、起床前に軽く口にするなら吐きそうになるのも楽になります。起きている間もお腹が減り過ぎないようにいつも軽く食べておくといいみたいです。

 

 

そしてフライや刺身は食べられなくてもサッパリ系やスッパ系は割と入ります。

妊娠中は便秘になりやすい傾向があります。分泌の増していくプロゲステロンという女性ホルモン(あえて注射などで補う人もいますよね)により腸の動きが緩慢になることや、拡大した子宮の直腸圧迫によって、動きにくくなっていくためにどうしてもスッキリできないのです。

 

 

妊娠した喜びの反面の不安などメンタル面の不安定さが引き起こしていることもあります。運動をしなくなりがちなのも便秘を招く要因になります。DHAサプリ妊娠中の注意点とは?